Under The Same Sky

ベトナム、ハノイという街でアシュタンガヨーガを練習している人のブログ

フロムハノイ

日本を含めアメリカやヨーロッパなど、全世界で新型肺炎の感染が広まっていますね。各国で国境を閉鎖したり、街を封鎖したりと今まで見たことがない光景を目にします。今はネットでニュースの速報もチェックできるので、改めて便利な世の中になったもんだと感じています。特に日本はオリンピックが延期になった途端に感染者が増えましたよね。日本の状況も今は簡単に情報を得る事ができますが、正直これはかなり心配ですね。。。

f:id:wasami:20200327214445j:image

ベトナム旧正月が明けてからすぐにコロナ対策で学校機関が休校になったため、こちらでは自粛生活も2ヶ月が経過しようとしています。この自粛生活、初めの1ヶ月(2月)はとても長く感じました。街中は人影も交通量も減って楽な部分もあったけど、私はストレスを感じる日もありました。ベトナム人は日本のコロナ対策が甘いと感じた人が多く、日本人と分かると嫌がられるって空気もありました。実際に「日本人って言いたくない。」という人にもいました。

f:id:wasami:20200327214424j:image

ベトナムはコロナ感染者を増やさないように徹底して感染者や濃厚接触者を隔離したり、注意喚起を促すメッセージが送られて来ます。携帯のアラートがなったり大使館からメールが届いたり、コロナに関する情報に触れない日はありません。(ただ、日本のようにテレビで不安を助長するような事もあまりないです。)

3月に入ると感染者も完治し始めた、なんて明るいニュースもあったりして、現地の人たちも少し気持ちが緩み始めた。。。と思いきや、新規感染者が出たニュースで激震が。その殆どが欧州から帰国したベトナム人や一緒に飛行機に乗り合わせたいた外国人だったため、コロナ感染については更に警戒が強まりました。

f:id:wasami:20200327214339j:image

ベトナムは他の国のように外出を禁止している訳ではありませんが、不要普及の外出はしないようにと言われています。引き続き学校はお休み、自宅勤務の人たちも増えています。ただ旧正月からずっとベトナム人は外出を控えています。この間、ベトナム政府はビザの発給を一時停止したり、国際線の飛行機を減便・運休してこれ以上国外からの感染者を増やさないように水際対策を強化しています。今日からは食料品や薬品、医療サービスを除いた不要普及のサービス業などが閉店することになり、更に街が静かになりました。

なんて書くと大変そう、って感じる人もいるかもしれませんが。

ただ、自粛生活も2ヶ月経とうとしています。何というか、気が緩むというよりはこの環境もしっかり受け入れて日々を生活しようという心持ちです。自分と日常を上手くすり合わせてね。

 

にしても、何故か今日の午後はタイホーにたくさん人がいたな。という訳で、今後も健康管理に注意して毎日を過ごしていきましょう。

皆んな、頑張ろう!