Under The Same Sky

ベトナム、ハノイという街でアシュタンガヨーガを練習している人のブログ

Let's Do It Hanoi

先週末『Let's Do It Hanoi』というゴミ拾いイベントに参加しました。

ここ数日はずっと雨ばかりでこのイベントも開催できるのかな?って心配だったのですが、当日までには雨も上がって無事に開催されました。

実は最近ゴミ拾いのボランティアに参加しているんですが、ネットで検索すると色々な団体があって、このイベントも偶然見つけて参加しました。

楽しみにしていたので、雨でキャンセルにならなくてよかった!

f:id:wasami:20201019141900j:image

イベント参加には事前登録が必要なんだけど、きちんと登録したのに会場へ行ったら自分の名前が記載されていなかった。。。なぜ??返信メールも届いていたのに。。。

どうやらこのイベントはハノイの学生が運営しているようで、参加者は大学生ばかり。しかも、大学やサークルなど団体で参加しているようで、私は知らずに参加してたみたい。主催者も送られてきた名前がベトナム人じゃないから名簿に載せなかったみたい。え〜!
f:id:wasami:20201019141943j:image

このイベントに参加すると証明書が発行されるみたいで、私は参加は出来るけどこの証明証は発行されないと受付けで言われました。

事前登録したときにきちんと返信メール来たから気にしてなかった。しかも参加名簿に名前がないとは。。まあ、参加できてよかったけど。

それにしても、こんなに若い人たちと参加できるとは思わなかったな。私なんて下手したら彼ら彼女の親くらい?の年代だもの。
f:id:wasami:20201019142027j:image

私なんて彼らの年代から見ると、人称代名詞がChị(自分が相手の姉の年代の場合。女性のみ。お姉さん、とかね。)じゃなくてCô(自分が相手のおばの年代の場合。若い女性から中年層まで、比較的広く使われる。おばさん、とか。。)ですもの。

ちなみに私から彼らに対しては、 Em(自分が相手の弟もしくは妹の年代の場合。男女共通。)じゃなくて Cháu(自分が相手の子供かそれ以下の年代の場合。男女共通。)だし。
f:id:wasami:20201019142215j:image

こんな若者の中に日本人のおばさん一人混じってゴミ拾いに参加だよ〜。男女ともに顔にニキビなんか見つけちゃうと若さを感じるよね、本当に。
f:id:wasami:20201019142323j:image

結構な人数が参加してます。

朝7時に参加者が集合してその後開会式が行われ、9時頃ようやくゴミ拾い開始。ベトナムなんで集合から開始が長い。。。まあ、こんなに人数がいるのでこんなもんか。。

ちなみにゴミ拾いはグループに別れて行われました。各グループにはチームリーダーがいて、それぞれのグループを先導します。 
f:id:wasami:20201019142427j:image

 "Người Việt Nam Không Xả Rác"(ベトナム人はゴミ無し)って書いてあるユニフォームを着た若者たち。どうやら Hôi Yêu Rác(ゴミを愛する会)というコミュニティがあるようです。
f:id:wasami:20201019142454j:image

我々のグループは大通りを渡って高架下に向かいます。それにしてもハノイも高層マンションや大きな道路が増えました。
f:id:wasami:20201019142545j:image

場所に着いたら配布された軍手やゴミを拾うトングを使って二人1組でゴミを拾い始めます。前日まで雨が多かったのでちょっと足場が悪そうだけど、なんとか行けそう。

f:id:wasami:20201019164948j:image

手前の黄色い上着の人はカメラマン。取材も来ていて、私も恥ずかしながらインタビュー受けました。(流されたかは不明  笑)
f:id:wasami:20201019142641j:image

集められたゴミたち。まだまだこれから。
f:id:wasami:20201019142714j:image

大体拾い終えたので、皆んなで場所を移動しました。ちなみに赤いTシャツの人がリーダーです。
f:id:wasami:20201019142818j:image

道路側の隅も結構落ちてるんだけど、車通りが激しいので気をつけて拾わないといけません。ゴミ拾いをからかって車を寄せてくるヤカラもいて、本当に危ないです。

f:id:wasami:20201019142902j:image

さて、この辺りなんですが道路の足場に注目。
f:id:wasami:20201019142947j:image

Ma Tuý(麻薬)の現場です。注射針がたくさん落ちてました。。。

リーダーに、「これどうするの?」って聞いたら、とりあえず1箇所にまとめてここに置いておくみたいでした。麻薬は今に始まった訳ではなく、公園で見かけることも多々あります。
f:id:wasami:20201019143013j:image

記念撮影をするゴミを愛する会のメンバー。

そろそろお昼近くになってきたせいか、お腹が空き始める若者が続出。そして歌声も。。こっちの学生って皆んなで声だして歌うの好きみたい。
f:id:wasami:20201019143059j:image

もうすぐ昼だからがんばろうぜ〜!

f:id:wasami:20201019143135j:image

私とペアになってゴミ拾いした若者。大学4年生ですって。友達同士やグループで参加してる人が多いけど、こんな風に一人参加の人もいました。

あ、ちなみに白っぽく写っているのは麻薬の塊だと思います。。。(多分)
f:id:wasami:20201019144019j:image

やった〜、ゴミ拾い完了!これから会場まで戻ります。
f:id:wasami:20201019143244j:image

ベトナム人は男女ともに手を繋いだり肩を組んで歩いたりします。皆んなパーソナルスペース近いよね。
f:id:wasami:20201019143313j:image

ここは私が住んでいる場所からバイクで20〜30分の所なんですが、参加していた子達からは「遠い〜」って言われました。

f:id:wasami:20201019143341j:image

高層マンションばっかり。都市開発が進んでますねえ。。

f:id:wasami:20201019143441j:image

最後に閉会式が行われて、ゴミ拾いの優秀な学生たちには記念品が送られていました。

f:id:wasami:20201019143500j:image

そして参加者全員にはバンブーストローが。 ストローにはBE SEXY, EAT PLANTSの文字が。。。

f:id:wasami:20201019143923j:image

今回ゴミ拾いをしたグループの皆んなと記念撮影。

まさか学生さんに混じってゴミ拾いをするとは思いませんでしたが、一緒に参加できてよかっと思います。久しぶりに若いエネルギーに触れていい刺激になりました。

そして、この先も環境保護に興味を持つ若者がたくさん増えて行けばいいよね。

私も見習わなければなと思いました。

 

写真展へ行きました

皆さんこんにちは。

今週は台風が来るのか??と覚悟を決めていたんですが、あめ、です、雨。今週に入ってから冷たい雨が毎日降り続いています。。

 

さて、先日ハノイのManziでギャラリーで開催されている ”Hanoi 1967-1975" という写真展へ行ってきました。1967年から1975年のベトナムハノイの様子を、ドイツ人写真家Thomas Billhardt氏が撮影したもので、ベトナム戦争時の市井の人々の様子を捉えた作品が展示されていました。

f:id:wasami:20201015175357j:image

Manziはチュックバック湖の近くにある、Phan Huy Ích通りにあるカフェ兼ギャラリー。写真展に出かけたら、通り近くの Hàng Bún通りに新しく専用ギャラーが出来ていて、カフェとギャラリーの2箇所で開催されていました。

f:id:wasami:20201015175548j:image

カフェの方は1階のカフェスペースに展示してありました。ただ、カフェの方の写真を撮るのを忘れてしまったよ。。。ブログに掲載している写真は、新しいギャラリーでの展示風景になります。

f:id:wasami:20201015175612j:image

作品の展示数はモノクロとカラー合わせて 130点だそうです。正方形にトリミングされたものと長方形の作品が所狭しと展示されていました。

f:id:wasami:20201015175707j:image

ベトナム戦争は、1964年8月にアメリカのジョンソン大統領が北ベトナムを爆撃した”トンキン湾事件”後、 1965年2月の北爆開始が一般的にベトナム戦争開始と言われています。

f:id:wasami:20201015175640j:image

戦争写真は兵士が戦っているセンセーショナルな風景や、市井の人の悲しみを生々しく表現した写真が多いですが、戦時下でも、ただただ日々の営みを送る人々の表情や風景が数多く展示されていました。

f:id:wasami:20201015175431j:image

ちなみにベトナム戦争が本格化した頃、1964年には東京オリンピックが開催されています。

f:id:wasami:20201015175458j:image

今は車やバイクが当たり前だけど、この頃は自転車に乗っている人が多くてハノイも小さい街だった。そうそう、昔ハノイは1989年頃まで路面電車が走っていたんですよ。

f:id:wasami:20201015175721j:image

実は私、1995年頃にベトナム旅行をしたことがあります。ハノイから列車でホーチミンへ行きました。初めてハノイに着いた時は正直、なんて暗い街なんだ!って印象でした。(その後またベトナムに来るなんて、思いもしなかったけど。。。)

f:id:wasami:20201015175752j:image

お隣の壁を看板にするなんてさすがベトナム(褒めてます)。

この写真展は10月15日まで(今日だね!)。ギャラリーにに写真集があって欲しかったんだけど、その時はまだ販売の許可が下りてなくて購入できませんでしたが、数日前から購入できるようになったようです。写真展に行けなくても写真集で作品を見ることができるので、興味がある方は ManziまでGOです。

 Manzi : 2 Ngõ Hàng Bún & 14 Phan Huy Ích

 

オンラインクラス

皆さんこんにちは。

今週からオンラインでのマイソールクラス(マイソール経験者、希望者のみ)を始めました。ベトナムのお隣、ラオスで練習を続けている知人からオンラインクラスの希望がありました。(タオさんありがとう!)

アシュタンガヨガを練習される方で、近くに先生やシャラがなく一人で練習してるって人も多いと思います。一人で練習。。簡単そうに見えるけど、練習を一人で続けるのは本当に大変なんですよね。特に、今は移動も制限されて、思うようにシャラへ足を運べない人も増えたと思います。

私自身も、コロナ前まではインドやその他の地へ練習のために出かけていたのに、今はいつ行けるのか分からない状態です。いやいや、色々と考えますよ。。

 

それでも最近は、コロナの影響で”オンライン”を利用してマイソールクラスも参加できるようになりました。練習や学びの方法もこんな風に選択肢があるんだと実感することも多いです。私自身もオンラインでクラスを受けているので、練習を”継続させる”という意味ではなかなか画期的なツールだなと思い、ありがたく利用させて頂いています。

f:id:wasami:20201013205401j:image

また、今ハノイのマイソールクラスに来ている生徒さんはアシュタンガヨガが初めてという方ばかり(いやいや、ウエルカムです!)なんですが、ハノイはマイソールスタイルで練習している人に会うことって難しいんです(身近に経験者が少ない)。だから生徒さんに長く練習している人の空気感を伝えるのが、ちょっと難しいと感じることがあります。

今回オンラインクラスをする上で、今の生徒さんに少しでも(オンライン越とはいえ)経験のある人の練習を少しでも身近に感じてもらえる機会になればと思い、通常のクラスと同時にオンラインのクラスも行うことにしました。

さて、今後どうなるかな。。。

 

今日はここ数日の心地よい天気とは打って変わって少し蒸し暑く、大気汚染指数も高い日でした(ちなみに写真は昨日の夕空です)。しかも台風が接近しているみたいなので少し心配しています。

それでは今日はこの辺で。

 

 

ある秋の日

季節はすっかり秋ですね。

最近は爽やかな天気が続いて気持ちのよい日が続いています。

夕方、近所の湖を通りかかると何やらエンジン音が。。。最近はラジコンボートで遊んでる人がいて(音が凄い)今回もそうかなと思ったら何だか違う。なるほど、賑やかだなと思ったら、湖の上をサーフボードで遊んでいる若者たちがいました。

こんな物があるんですね、私は初めて見ましたよ。

調べてみたら”JET SURF"って呼ばれる物なんですね。。。そして価格を見てびっくり。

moov.ooo

この西湖(タイホー)はハノイで一番大きな湖です。湖の周りは遊歩道もあって、朝晩はジョギングしたり自転車に乗ったりする人が多いです。ちなみにデートスポットでもあるので、夕方にはカップルもたくさん見かけます。

f:id:wasami:20201008200507j:image

こんな椅子並べちゃってすごい。こ、ここはビーチじゃないけど。。。JET SURF(ジェットサーフ)で波乗りする人を、その友達らしき人が動画や写真で撮影していました。それにしても、こんな所でこんな遊びをする人たちがいるんですねえ。

f:id:wasami:20201008200528j:image

ちなみに、この場所はベトナム人が良く泳ぎに来る場所でもあります。暑い暑い夏場は大勢の人が泳いでいるのをよく見かけました。ただし、湖の水は決して綺麗ではありません。飛沫が苔色ですもん。この辺は外国人もたくさん住んでるけど、ベトナム人以外で水に入る人はほとんどいないと思います。

f:id:wasami:20201008200558j:image

そうそう、西湖はカヤックもよく見かけます。カヤックに乗る人たちはグループで練習している感じがあるけど、今日はカヤックで楽しんでるカップル?を見かけました。

f:id:wasami:20201008200630j:image

今度は別の人がボードに挑戦。初めてなのか?先ほどの人のようになかなか上手くボードに乗れません。それにしても、この人もそうなんだけどベトナム人タトゥー入れてる人多いよね。

f:id:wasami:20201008200652j:image

今日は少し風があって気持ちがいいです。こんな日が続けばいいのに。。。

f:id:wasami:20201008200714j:image

お兄さん、頑張ってますねえ。まずは安定してボードに乗るところから、かな。

f:id:wasami:20201008200732j:image

それにしても、このボードで遊ぶ人たちは一体何者なんでしょうねえ。。。

f:id:wasami:20201008200746j:image

ベトナムはインド系の方が多く住んでます。インド人ヨガインストラクターも多いしね。外出するとすれ違わない日はないって感じ。(もちろん場所にもよると思うけど)

f:id:wasami:20201008200756j:image

何だか優雅な人たちを見てしまったな。。

西湖ももう少し綺麗な水だったらいいんだけど。数年前にたくさんの魚の死骸が湖一面に浮き上がったことがあって、実際はちょっと怖い(水質が)。

ま、それでも水辺が近くにあるのは悪くはないです。なんと言っても散歩できるし。

それでは今日はこの辺で。

 

日々の生活とアシュタンガヨガ

今日は空気感が大分変わった。

9月に入ってからじっとりと湿った空気で体も重く感じていたけど、今日は久しぶりに少し乾いてサラサラとした風が吹いている。

毎朝の練習でかく汗も昨日までとは少し違う。同じ時間に同じシークエンスの練習をしているのに、季節や空気感が変わっただけでも全然違う。

f:id:wasami:20201006204931j:image

アシュタンガヨガの練習を初めてから数年が経ったわけだけど、練習(ここで言うのはアーサナ、シークエンスの練習)は毎日、何年続けていても私の根本的な部分が変わっとはあまり感じていません。もちろん体を動かす訳だから、柔軟性や筋力が付いて体の変化はあります。同時に、心の変化も促されることもある訳だけど、根本的な部分は変わらない(と、思ってる)。

ただし毎日、何年と”アシュタンガヨガのシステム”を繰り返し練習し続けていても、私自身、人間って日々違うんだってことを強く思い知らされます。
f:id:wasami:20201006204947j:image

毎朝の練習の中で、毎日違う感覚をもったり、感情が湧き上がったりすることは、同じシークエンスを練習するからこそ気付きも多く、同時に新しい発見もしやすいとように思う。

”ヨガを学ぶ事は自分を知ること”

私は中年に差し掛かった頃にアシュタンガヨガに出会って、それを学んでみたい思ったから練習を続けて来た訳だけど、練習をする過程で自分を知ることがどんな事かを目の当たりにすることがたくさんあった。更に言うならば、それは良くも悪くも。
f:id:wasami:20201006205000j:image

30年そこそこ自分の体と付き合っているのに、自分のことなんて知っているようで意外と知らない、意識すらしていなかったし、多分それすら気が付いていなかった。アシュタンガヨガを練習していく中で自分がどんなに無知かを思い知らされたし、それはまだ過程でもある。こんなこと書いたらちょっと難しく感じるかもしれないけど、実は至って単純なこと。
f:id:wasami:20201006205014j:image

例えば苦手なアーサナを練習するとき、長い時間そのアーサナと向き合って格闘する場合がある。出来ない時間が続くと、どうやって克服できるのかもがいたりすることも多い。ただそれでも一進一退あったりして、少しづつ出来るようになっていく。この一進一退が日によって気持ちよく感じたり、ネガティブに感じてしまうことがある。

アシュタンガヨガの練習をしてきて、一体同じ日があったかな。。。
f:id:wasami:20201006205045j:image
毎日同じコンディションで練習できればいいけど、それも普段の日常生活を送る上ではそれも中々大変なこと。だから毎朝心地よく練習するためにも、毎日の生活を少しでも整えて、快適に過ごそうと思うようになる。普段送る生活こそが、毎朝の練習にも繋がっていく。だからこそ、アシュタンガヨガが八支則と言われる所以でもあると思う。

なんて、毎日変わらない街並みのハノイに目をやりながら改めて思った。

さて、明日も良い日を過ごしましょう。

 

 

 

 

ハノイの中秋節

ベトナムの大きな年中行事のひとつ、中秋節(Tết Trung Thu)。旧暦8月15日がこの日にあたり、今年は10月1日が中秋節でした。日本だと十五夜と呼ばれ、1年で最も美しいとされる”中秋の名月”を眺める日ですが、ベトナムは子孫繁栄を願う日で大人よりも子供が主役の行事です。9月に入ると街中に月餅が売り出され、一気に中秋節を祝うムードに包まれて行きます。。。

f:id:wasami:20201003140550j:image

そして、毎年この時期になると中秋節の催事場が旧市街に出て賑やかになります。コロナの封じ込めが(一応)上手くいっているベトナム、中止にもならず催事場にもたくさんの家族連れや若者が遊びに来ていました。

で、私も10月1日の夕方にちょっとだけ遊びに行ってきました。
f:id:wasami:20201003140655j:image

平日の夕方だしそんなに激混みではなかった。

写真に映り込む若者。ハノイの若者って黒い服好きな子が多いような気がするけどどうだろう。

f:id:wasami:20201003140828j:plain

揚げ物と一緒に海苔巻きが売られていました。
f:id:wasami:20201003140732j:image

髪を切るのが嫌でしょうがない風の子供とそれをなだめるお母さん。
f:id:wasami:20201003140941j:image

でた!”Babetta(バベッタ)”チェコスロバキア製の自転車式バイク。大量のサトウキビを運んでる!!(なんか労働者っぽいよね)20年前はハノイでもよく見かけたこのバベッタ。実は私も乗っていた事があります。ベトナム人からは貧乏臭いと毛嫌いされるバイクで、よく「バベッニェ〜」ってからかわれました。
f:id:wasami:20201003141022j:image

スマホに夢中のおばさまたち。にしても、このラビットの耳が気になります。
f:id:wasami:20201003141114j:image

この飾り物、ちょっと可愛い。
f:id:wasami:20201003141154j:image

お面とか太鼓とか、昔ながらのオモチャや道具も売られています。

f:id:wasami:20201003140902j:plain

旧市街の中でも、ハンコット通り、ハンマー通りなどを中心に通りの一部を歩行者天国にしています。
f:id:wasami:20201003141225j:image

小さな子供が大好きな風船。
f:id:wasami:20201003141529j:image

お婆ちゃんと孫。孫にはなんでも買ってやりたい心境です。。。
f:id:wasami:20201003141615j:image

まだまだ夜に向けて準備中?
f:id:wasami:20201003141653j:image

10月とは言えまだまだ蒸し暑い。小さな扇風機を持つお父さん。後ろのぬいぐるみと色が被って分かりにくい。。
f:id:wasami:20201003141741j:image

ラビットの髪飾りは結構人気があるみたい。
f:id:wasami:20201003141815j:image

こっちにもラビットが。。。(バニーガー◯)
f:id:wasami:20201003141854j:image

おもちゃを売る人。この通りは普段もおもちゃがたくさん売られてます。
f:id:wasami:20201003141955j:image

少し西日が強くなってきました。ここにもラビットの髪飾りが。。
f:id:wasami:20201003142052j:image

学校帰りの若者も多いのかな。皆んな楽しそうに旧市街を闊歩しています。
f:id:wasami:20201003142120j:image

可愛いんだよな。
f:id:wasami:20201003142148j:image

ちなみに、この日(10月1日)この周辺にバイクを止めると2万ドンでした。普段は大体5000ドン〜1万ドンなんで、ちょっと割高です。(1万ドン= 45,45円 2020年10月3日現在)
f:id:wasami:20201003142228j:image

夕方の日差しは横に長い。まだまだ暑いけど秋だなって感じます。
f:id:wasami:20201003142308j:image

お面とか色々。
f:id:wasami:20201003142339j:image

星の灯籠とネズミ?のおもちゃ。
f:id:wasami:20201003142412j:image

孫悟空発見。弱そう。。。笑
f:id:wasami:20201003142440j:image

無関心そうな犬。
f:id:wasami:20201003142509j:image
今年も一つ大きな行事が過ぎ去って行きました。次はテト(旧正月)か!

実はこの後雨がドーっと降ってきて、皆んな濡れないように必死でした。。。いやいや、それにしても梅雨のような天気が続いていて最近は夕方、そして深夜〜早朝は大体雨ですね。なかなかカラッとした秋晴れにはならないのが残念だなあ。。。

実は今も雨が降ってるんですねえ。。。(雷も鳴ってるし)

早くいい天気になりますように。

10月に入りました

あらあらあっという間に10月です。

流石に7月や8月のような睨みの効いた日差しの強さはありませんが、9月に入ってからは雨が多くて湿度が高い日が続いていました。

まあね、暑い暑いなんて言ってても、そのうちまた寒い季節がやってくるので今のこの季節も愛おしく感じておかないといけません。(ハノイの冬はある意味しんどい)

そういえば、最近古い友人(ハノイではない所に住んでいます)から、私はあまり愚痴らないってメッセージがありました。そう見えるのかな?いやいや、そんなことはないです。愚痴りたい事柄は、日々たくさんあります(た)。

f:id:wasami:20201001210612j:image

あ〜、周りに愚痴る相手もいないから、愚痴り方を忘れちゃったのかも。。。

正直な所、ベトナムで暮らしていていると面倒くさいなって感じたり、自分の思うようにいかない事は本当に多いです。特にハノイで会った方は、ハノイベトナム人に不満を持ったりベトナムに対して上から目線の方も多く、(どっちかっていうとマイナスなイメージ)ベトナム滞在歴が長い私に対しても、ちょっと変な人って印象を持たれることも多々ありました。マウント取られたり、ちょっと気分悪いな〜って思いをしたこともたくさんあります。(嫌な思い出って、私は根には持たないけど忘れないもんですヨゥ)

f:id:wasami:20201001210701j:image
で、愚痴ってる人と接した時に感じるのは、色んな不満をベトナムのせいにしている人が多かったり、自分の価値観を押し付け過ぎて思うようにいかなくて不満が溜まったり。。。するのかなって。

そりゃね、私だて比べてしまったりすることはありますよ、どうしてベトナムはこうなんだろう、〇〇はこうなのに、とか。でも、その比較からいつまでも抜け出せないと、根本的な何かを見失ってしまうのではないかなって感じます。

f:id:wasami:20201002003749j:image

もちろん、不満や愚痴を吐くことは悪いことではないと思います。たまには吐かないとストレスたまっちゃうもんね。でもね、周りの環境のせいばかりにしてもしょうがない。自分が心地よいと思う環境は自分で作っていかないと、自分も周りもハッピーにはならないと思うんです。その環境が自分にとって100%でなくても、今の自分には何ができるのか、工夫したりしていけばいいんじゃないかなと思ってます。

ま、大変っちゃ大変なんだけどさ。。。 

改めて自分を戒めるためにもこんなこと書いてみました。ささ、10月も頑張ろう〜。