読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Under The Same Sky

ハノイの空の下から綴る、ゆるベジ&ヨガライフ。アシュタンガヨガを宅練中です。

たまにはヨガ話とか

ああ、今日もジリジリ暑いハノイです。。。

ところで十人十色、人それぞれヨガを始めた理由はさまざまだと思います。

ちなみに私の場合はですね、一人で体を動かせる(=人に気を使わずに一人でできる)と思ったから。

ヨガを始める前は、事務所内にテニス好きが沢山おりまして(しかも皆筋金入りです。私は初心者でした。)ハノイでテニスをしていました。うん、楽しかったです。特に思いっきりテニスをした後のビールが本当に最高で 笑。ただ帰国される方も多く、テニスをする人数が減っていきました。(あくまでも事務所に集まったメンバーで構成されていたので)

うーむ、テニスできなくなったら体が動かせ無くなるなあ、体動かさないと美味しいご飯が食べられないな(真剣)なんて思ってたまたま見つけたヨガクラス。あ、これ一人でできていいかも。

やり始めた頃は本当に体が硬くて硬くて、どうしたもんじゃろのー?(とと姉ちゃん風)といつも考えるようになっていました。

あの頃日本から出張に来ていたフィンランド人のM君、別にヨガなんてやってないし興味ない人なのに、前後開脚を軽々とやって見せてくれた時は本当に衝撃だったな。

あるヨガクラスで、隣にいた初老の欧米人の男性が、ヘッドスタンド(頭立ちのポーズ)をさらりとやっているのを見た時、ビックリしたのを未だ忘れない。

一体この違いは何?なんで私はできないんだろう。。。

そんな小さな小さな疑問と驚きが、ヨガを続ける理由になったのかなあ、って思う。多分。

f:id:wasami:20160610231428p:plain

実はヨガってそんなに華やかなものではないとお思うんです。(もちろんびっくりするようなポーズを写真に載せいている人は沢山いるけど)

体は動かすといっても、ダンスのように外側に向けて表現するものでもありません。

ヨガって完成(ヨガのポーズとかね)を求めてするものではないと思ってます。人って毎日同じ環境、同じ状態で生活しているわけではないのでそれに応じて体も反応しますし変化もします。もちろん長年練習していればポーズは安定するけど、それは完成ではありません。日々変化していきます。逆に言うならば、ある日練習したのポーズがその日の完成形というか。。。

長くなりましたね。

今日はクラスを受けた方が「ヨガって体硬くってもいいんだって思いました!」って感想を言ってくれたり、すでに帰国された方ですがヨガに興味を持ってくれてインドに1ヶ月滞在して無事に戻りました!って連絡があったんです。彼女たちにはそれぞれのバックグラウンドがあって始めたヨガ。自分のペースで続けてくれたらいいなあと思いました。

そしていつもブログを読んでくれる方に感謝を込めて。