Under The Same Sky

ハノイの空の下から綴る、ゆるベジ&ヨガライフ。アシュタンガヨガを宅練中です。

ウブドにて

今バリ島のウブドに滞在しています。

この時期は大体一時帰国をしていましが、今回は帰らずにバリ島へ向かいました。ハノイからバリ島って意外に遠くてクアラルンプール経由で6時間半くらい。ちなみにハノイから日本へは直行便で約6時間ほど。うーん、これ日本へ行けてしまうよね。

f:id:wasami:20170730110655j:plain

ウブド滞在の目的は自分の練習(アシュタンガヨガ)のため。

もちろん日本へ帰っても練習には行けるけど、一時帰国中に練習に通うってなかなか大変。私の場合は埼玉にある実家に滞在するのですが、久しぶりに帰った娘が「ヨガ行ってきま〜す」と早朝に家を出て都内まで足を運ぶのって両親からすると実に不可解な行動だったりするわけです。

f:id:wasami:20170730110507j:plain

とはいえ、私としては日頃誰かと一緒に練習したり、先生に見てもらう機会がベトナム国内だとほぼないに等しいので、まとまった時間があれば練習に行きたいのが心情。。。

うーん、どうしたものか。

f:id:wasami:20170805113459j:plain

先月実家に連絡した時に遊びに来ていた甥っ子の「今度いつ会えるの〜?」には多少後ろ髪を惹かれながらも、自分なりに色々と悩んだ末、今回は環境的に落ち着いて練習ができそうなウブド(都会じゃなさそうな場所で自然がある所)に行ってみる事にしました。

その電話の際、母にバリ行きをなかなか言い出せず、一時帰国については口を濁したままこちらに来た私。到着後、風の噂(ネットだよね〜)で知った母から電話が。。

まあ、どこまでも親不孝な私です。

そんな訳ですが、ウブドではlain Grysak先生という所で練習をしています。

そしてこの期間、私なりに練習を深めてハノイに戻ることができればと思っています。

お知らせ

7月29日から8月27日はハノイ不在のためヨガクラスはお休みになります。

色々と悩みましたが少しばかり時間を取って、この期間は自分の練習のためにバリ島へ行くことにしました。

Zenith YogaスタジオとOM Yogaスタジオでのヨガクラスについては、他の先生方が代行します。詳細は各スタジオのクラススケジュールを参考にしてくださいね。また8月中のマイソールクラスはお休みになります。

全てのヨガクラスの再開については、8月28日以降となります。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

f:id:wasami:20170725184414j:plain

ヨガマットの話など

私はハノイでアシュタンガヨガという流派を練習しています。練習スペースはもっぱら自分の部屋の片隅です。私に限らず、近くに指導してくれる先生がいなかったり、スタジオへ行けなかったりして一人で練習されている方は多いと思います。(ヨガの世界でもこうやって自宅で練習することを宅練するといいます。)

一人で練習するのって、経験ある方は分かると思うけどそれなりに大変です。それでもなんとかモチベーションを保ちながら続けていられるのは、マンドゥーカのブラックマットも一役買ってるのかなと思ってます。

www.manduka.jpヨガを始めた頃はハノイ市内で売っていたヨガマットを使ってましたが、手が滑ったり丸めてたマットがヨレたり、表面がポロポロ剥げてマットの周りがゴミだらけになったり。。。練習中、それはそれは気が散ったものでした。でもマットってそんなものかと思っていました。で、たまたまヨガマットをインターネットで検索したら「ブラックマット」という言葉が引っかかり、一時帰国をした時に思い切って購入したのがマンドゥーカ社のブラックマットでした。ベトナムに持っていくのすごーく重かったけど、やはり持ってきてよかったと思ってる。

アシュタンガヨガを練習するなら、これくらい丈夫の方がいいし第一にマットに対して気が散らない。それにもう今後ヨガマットどうしようなんていう迷う必要がないっていう安心感と安定感。。。

f:id:wasami:20170725084558j:plain

それにハノイは高温多湿な気候のせいもあり、汗でダラダラになるのでラグは必須。ラグはマンドゥーカのeQuaマットタオルとSkidlessをローテーションで使っています。宅練でアーサナの練習をするという環境作りはなんとかバッチリかもね。(環境は整えることはできても、自分の心持ちが色々と左右したりする事があったりするっていう問題が発生したりするけどね。)

ヨガに興味のない人から見れば、たかだかヨガマットで??なんだろうと思いますが、マット選び一つでも悩んだりするのです。

ヨガマットひとつとっても、練習が楽しくなったりモチベーションが上がったりすることは事実。ご自分の練習スタイルにあった物、そしてピンときた物を使っていただけたらいいなと思います。

www.manduka.jp

www.manduka.jp

雨と断捨離

7月に入り雨降りの多いハノイ。この雨のせいで履物2足がダメになりました。薄々寿命を感じていたものの、まだまだいける!と思って履いていたのですが、この雨の中を出歩いたせいか履物がボロボロになり、やっと捨てる踏ん切りがつきました。(こちらにいると、まだまだ使えるって思ってなかなか捨てられず、ボロボロになっても使ってしまうんです。)

うん、なんだか一気に断捨離モード。

捨て切れずにいたものを捨てると心定まると、他に悩んでいた物も割とスムーズにサヨナラできそうだから不思議。

f:id:wasami:20170717093604j:plain

それにしても久しぶりに新しい靴を買おうって気持ち、なんだか嬉しい。実際ハノイで好みの履物を見つけるのはちょっと難しいけど、時間をかけて探してみようと思います。まあ、あればくらいの気持ちで。

無事に終了しました

ヨガ初心者さんのためのワークショップ、無事に終了しました。

このワークショップはハノイ在住の日本人の方のために向けた、日本語でのヨガワークショップです。ハノイのヨガスタジオでは英語かベトナム語でのクラスがほとんどなので、見よう見まねで体を動かすことが多いと思います。私自身もヨガをハノイで始めた時はそうでした。それにスタジオへ行くと周りは外国人ばかりで、圧倒されたものでした。。。(でも他に通える場所がなかったんですよね。)自分を振り返って見ても、母国語でヨガのクラスを受けれるのって、体への浸透度や理解度が外国語で受けるのとは少し違う感じがするのです。もちろん長くヨガを経験されている場合ならなんとかなりそうですが、ヨガを始めたばかりで聞きなれない言語でのクラスだと、参加しているだけで疲れてしまいます。

f:id:wasami:20170718095231j:plain

参加者の皆さんはベトナムに来てからヨガを始めた方が多いです。もちらん中には日本で少しヨガをされていた方もいらっしゃり、ヨガに対する興味もそれぞれ。

ワークショップの前半は基本的なポーズを皆んなで練習しました。そして後半はヨガ二ドラを行いました。ヨガ二ドラとは、タントラ(古いインドの経典)に由来し、意識的にリラックスを学ぶための有効な技術です。眠りのヨガと言われますが本当に眠るわけではなく、意識的にリラクゼーションを深めて安らぎを培う瞑想法の一つです。そしてヨガ二ドラが効果的に実践できるようになれば、10分間の実践で1時間分の睡眠効果があると言われています。

f:id:wasami:20170718113036j:plain

私がヨガ二ドラを体験したのは、初めて北インドのリシケシという所でした。始めは何が何だか分かりませんでしたが、ヨガ二ドラを行なった後に頭がスッキリしたのをよく覚えています。私はヨガ二ドラ大好き!クラスでお伝えする機会が中々ないので、今回体験していただこうと準備させて頂きました。参加された方は全員はヨガ二ドラ初体験!途中寝てしまった人もいたみたいですが、終わった後は私も皆さんの穏やかなエネルギーを感じることができました。

f:id:wasami:20170718114809j:plain

今回参加してくれた皆さん、スタジオまで足を運んで頂き本当にありがとうございました!!協力してくれたスタジオスタッフにも感謝。

そしてこの場を借りてお知らせが。9月からゼニスヨガ(Kim Maスタジオ、Au Coスタジオ)で日本語クラスをスタートすることになりました。それに伴い、今までグループレッスン等で活動して来た日本語ヨガクラスはお休みすることにしました。(今回の参加者の半分はグループレッスンでクラスに参加してくれていた人たち。来てくれてありがとう!)今まで参加してくれた方々、本当にありがとうございました。機会があれば、スタジオの方へ遊びに来てくださいね。

f:id:wasami:20170718121654j:plain

最後に、実は4年ほど前までこのヨガスタジオがある建物で仕事をしていました。当時はまだ建物の半分も入居している会社がなく、ほぼ空っぽでした。仕事が終わった後、知人にヨガを終え始めたのがこの建物。昼休みにこの建物の物置でヨガの練習をしたのを今も懐かしく思い出します(遠い目)。。。そして昨年末、新しくスタジオを作る場所がこの建物だと知り驚き、更にそこでヨガを教えてることになるとは。。。人生は何が起こるか分かりません。そして帰り掛けに早速知人ベトナム人に遭遇。昔ドライバーをしてくれていたナム君(右)とその他二人 笑。

私のハノイでのヨガ生活、これからもまだまだ続きそうです。

夏雲

7月は6月とは打って変わり、雨も多いせいかだいぶ過ごしやすい。

もちろん暑さは感じるけど、ギンギンと強い光を放つ太陽が主役というよりも、大きな入道雲が様変わり姿を変えて雲の方が存在感を放っている。

普段この湖を写真に撮る時は水平線が大体真ん中くらいなのに、厚みのある雲が大きくその幅を利かせている。

f:id:wasami:20170714142719j:plain

暑い国の空はいつも同じ空を連想してしまいそうだけど、その空は思いの外は様々な顔を持ってると改めて感じる。

さて、明日の空はどんなのだろう。

7月の満月に思う

7月の満月の日、この日はアシュタンガヨガの創始者であるグルジ(シュリ K. パタビジョイス師)のお誕生日です。

シュリ・K・パタビジョイス (1915-2009) は、アシュタンガヨガ (別名:アシュタンガ・ヴィンヤーサヨガ) の創始者

アシュタンガヨガとは呼吸と目線・動作が決められていて、決まった順番で呼吸に合わせて動いて行くインドの伝統的なヨガの流派の一つ。現代ヨガの父とも言われるシュリ・T・クリシュナマチャリヤ (Sri T. Krishnamacharya) 師 (1888-1989) に師事し、ヨガの思想が組織的な形で記載されている最古の文献「ヨーガスートラ」を基に、アシュタンガヨガのシステムを考案しました。特に呼吸にフォーカスして行く事でアーサナ(ポーズ)をとりながら深い瞑想に導いていきます。

シュリ・K・パタビジョイス師の事をアシュタンガヨガの生徒は、尊敬の念をもって、「グルジ」と呼びます。

f:id:wasami:20170709191734j:plain

グルジのお誕生日がたまたま日曜日のアシュタンガヨガクラスと重なったので、蓮の花を買ってスタジオに活けました。クラスに来てくれる生徒さん、実はパタビジョイス師の事を知らない人も多くて(知らない人の方が多かもな。)アシュタンガヨガのベトナムでの認知度の低さを改めて痛感します。

f:id:wasami:20170709121245j:plain

それでも始めは誰でも知らなくて当たり前。私だって初めから作った人の名前なんて知らなかったし、興味は後からじんわりゆっくりと、そしてそれは自然と頭に入ってきた。

f:id:wasami:20170709115359j:plain

"Do your practice, and all is coming."

グルジことパタビジョイス先生の言葉。

実はこの言葉を聞くと、中学時代剣道部だった時の顧問だった先生の「結果は後からついてきます」って言葉と重なります。

毎日の練習の積み重ねと、無心で努力すること。そして自分と向き合うこと。(顧問だったJ先生、お元気でしょうか。。。)

どんなことでもシンプルに積み重ねていくしかないんですよね。

 

私はパタビジョイス先生をお写真でしか拝見したことはありません。不思議なことに物理的に離れていても、そのヨガの存在だけは私のところへやってきました。そして、ただただ今に至る自分に導いてくれた、アシュタンガ ビンヤサ ヨガという学びを授けて下さったことに、心から感謝の気持ちをこめて。