読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Under The Same Sky

ハノイの空の下から綴る、ゆるベジ&ヨガライフ。アシュタンガヨガを宅練中です。

アシュタンガヨガWSのお知らせ

告知です。

来たる6月4日から6月10日、ハノイにてアシュタンガヨガのマイソールクラスが行われます。そもそもアシュタンガって?マイソールクラスって?レッドクラスって?この言葉を聞いてもまだまだピンとくる方は少ないかもしれません。ベトナムに住んでいたら尚更ですね。

 

アシュタンガヨガ(Ashtanga yoga)とは?

アシュタンガヨガとは南インドのマイソールで、故 シュリ・K・パタビ・ジョイス氏によって考案されたアシュタンガ ヴィンヤサ システムです。太陽礼拝を基盤とし、立位、座位、後屈、フィニッシングと決められたポーズ、そして定められた視線を守り、呼吸と連動させながら体を動かしていきます。その特徴から「動く瞑想」とも言われています。

 

マイソールクラス(Mysore Class)とは?

故 シュリ・K・パタビ・ジョイス氏の伝承している指導法です。生徒がそれぞれのペースで練習する(セルフプラクティス)が特徴です。個々のレベルにあった速度でアシュタンガヨガのシークエンスを練習し、指導者から新しいポーズを習ってさらに練習を深めます。指導者が次のポーズの準備が整うと判断しない限り、生徒は新しいポーズの練習を進めることはできません。同じシークエンスを繰り返し練習する必要がありますが、自主性、柔軟性、体の強化をしっかりと養うことができます。練習中は指導者からの指導やアジャスト、アドバイスもありますが、基本的には自主性を重んじた練習スタイルです。また初心者から熟練者まで幅広く練習できる練習方法でもあります。

 

レッドクラス(Led Class)とは?

アシュタンガヨガの一連の動きを指導者のカウントに合わせて練習生が全員で一斉に練習を行います。レッドはRedでなく、Lead(導く)の意味であり、指導者がカウントによって生徒を導くことを意味します。マイソールクラスで自分のペースで行う練習とは違い、指導者のカウントにただ身を委ねながらシークエンスを練習します。

f:id:wasami:20170521212924j:plain

来月にハノイに来る予定のHeather(ヘイザー)は正式指導者Level2として認められ、昨年ホーチミン市内でもマイソールの指導を経験してます。私もホーチミンで彼女のクラスに参加しました。そして偶然にも今年の2月、3月は南インドのマイソールで彼女と再会。同じ土地、同じシャラ(道場)で一緒に練習することができて本当に嬉しかったなー。

 

ベトナム国内(ましてハノイ市内)ではマイソールスタイルで練習する機会はなかなかありません。アシュタンガヨガ、マイソールクラス。。。ヨガのスタイルって言葉で説明しても、理解してもらうことってなかなか難しい。(痛いほど経験してます。)実際私も初めからこれを理解して練習を始めたわけではないので、ピンと来なくてもしょうがない。そしてさらに練習時間が朝の6時から9時!!(付け加えるならこの時間内であれば自由に来て練習し、退出できます。この時間ずっと練習するわけではありません。)ハノイの交通事情を考えるとちょっとばかり通うのは大変だとも理解しています。ただそれでも、少しでも興味が湧いた方は是非ご参加ください。

問い合わせ先:OM Yoga Studio & Vegeterian Cafe / Mail: ommhanoi@gmail.com 

 

永遠の。。。

ハノイ市内にある湖「チュックバック湖」にてアマチュア撮影会(らしきもの)に遭遇。

5月もすでに後半、これからハノイは火炎樹が見頃となりますが、少しずつ咲き始めた火炎樹をバックにアオザイに身を包んだ女性の撮影会に足を止める私。

f:id:wasami:20170520163300j:plain

この白いアオザイ(私が知る限り、ベトナム女学生が着用します。)って、ベトナム男性からすると普遍的なテーマなのかなって思う。絵画でもこの白いアオザイを着た少女を描いたものは多数あります。

有名なのは1943年にTô Ngọc Vânが描いたこちら「Thiếu nữ bên hoa huệ(少女と百合)」

f:id:wasami:20170520214403p:plain

最近はこういった撮影会をハノイではよく見かけるようになりました。この間はどう見ても日本の女子高生が着る制服を着た女性(ベトナム人)を撮影しているベトナム人を見かけたし。。。(その撮影した写真を何に使うのかがちょっと気になった。いや相当気になるし、もっと言えばその制服をどこから持って来たのかすごく気になった。)

f:id:wasami:20170520163335j:plain

一体どんな風に撮れているのか、私も気になります。。うふふ。

f:id:wasami:20170520163321j:plain

こちらは黄色いアオザイの女性。そしてカメラを愛するベトナム人の男性たち。

f:id:wasami:20170520163325j:plain

ベトナムの女学生が着用する「白いアオザイ」実はハノイで頻繁に見かけるのって難しい。(中部から南部の方が頻繁に見かけるのかなあ)だからこそ私もついつい足を止めて見入ってしまった。女性の私から見ても、真っ白いアオザイを身にまとうのはある一定の年齢が着用する「白いアオザイ賞味期限」があるからいいのだと思う。だって眩しいもの。(ちょっと親父入ってますね。)例えていうなら、三十路を超えた女性にセーラー服着てもらってもとっくに賞味期限超えてるだろ!っていう感覚に似ている。

それはさておき、赤い火炎樹も咲き始めてハノイも本格的な夏がやってくるんだなあ、とつい雨上がりの空を見上げてしまう今日この頃です。

思い込みだよ人生は

日曜日のアシュタンガクラスの後、スタジオで久しぶりに会ったジェローム

「今日はクラスでどれくらいの人を殺したの〜?」

と挨拶がわりに声をかけて来ました。

いつもの思い込みが来たわー。(私のクラスは初心者や年配者も参加しており、決して人を殺すようなクラスはしてません、念のため。)

ジェロームは政府開発系の仕事でハノイへ滞在している専門家。その際ヨガにハマり業務の傍ハノイでティーチャーズトレーニングを受け、本業の合間にヨガを教えているベルギー人、そして素敵なお父さんでもあります。

彼はフランス語圏の人間なので、こういった感じのジョークを放つのはまあしょうがないし気にもしませんが「アシュタンガヨガ=激しく体を動かすなんだか大変そうなヨガ、しかも体痛めそう」というイメージがハノイでヨガをする人たちは強く、特に一部の先生たちからも割と敬遠されていたりします。

f:id:wasami:20170519134909j:plain

私自身ハノイでたまたまヨガを始めてアシュタンガヨガに出会って、そして今現在まで続けるに至っているけど、振り返るとその経過は平坦ではなかった、割と。アシュタンガヨガに限ってはほぼずっと一人で練習しているし、先生や練習場所を求める場合は大体がベトナム国外だし。(ただ他のジャンルのヨガに限ってはハノイでやりましたし可能です。いい先生もいますよ、念のため。)

そしてこうやって続けてられるのは、アシュタンガが好きだからなんだと思う。単純に。

話を戻して「思い込み」について。

ハノイでアシュタンガヨガの話になると、こういった「思い込み」を持つ人が多いなと感じます。以前勉強ついでに他の先生のヨガクラスに参加してもそれはもうヒシヒシと感じました。(日本のようにスタジオもヨガの先生もワークショップも豊富なら、自分の好みのところに行けるんだろうけど、ハノイではもう行けるところに制限があるしこればかりはしょうがないです。)

しかもだよ、その思い込みのソース元ってどこよって話。

誰かから聞いた話なのか、インターネット上で拾ってくるのか、クラスに参加した生徒から話を聞いているのか。。。

そしてこういった「思い込み」は決して今回の話に限ったことではないと思う。日常どんなところでも転がってます。ただこの思い込みで作り上げたストーリーを正論とされるのは流石に如何なものかと思うのです。この時代、知りたい情報を様々な形で取捨選択できる便利な世の中なのに、その中から自分が正しいと思うことを選ぶって実は大変な作業だったりするんですね。(そしてこれはもちろん私も含まれる。)でもこの大変な作業にYogaっていう要素を含んで考えていくと結構面白いんだな。日常遭遇するであろう事柄の多くをYogaを通して観察してみると、見えてくることが変わってくる、かもしれない。

もしかしたらそれは私の「思い込み」かもしれないけど。

 

進歩を感じる日

私もハノイに戻って来て早くも3週間が経ち、クラスもほぼ以前と変わらず再開して通常モード。 気がつけば5月もすでに半ば、インドから戻って来たばかりの頃は幾分涼しさもありましたが、ここ数日ですっかり真夏を感じさせる陽気になって来ました。

先日、久しぶりにクラスに参加してくれたSさんからヨガについての本を聞かれたのであれこれネットで検索しながら話をしていると、アマゾンでこんな表示が。

 お届け先住所 ベトナム社会主義共和国

⬇️画像の下あたりを参照してくださいませ。

f:id:wasami:20170516182540p:image

最近のアマゾンはベトナムにまで届けてくれるんですね。。。

「へ〜、最近のアマゾンはベトナムに届けてくれるんだ。しかも届け先の表示が勝手にベトナムになってる、別に設定していないのに。。。」

この表示を見た時は本当にふたりして驚いたなー。ベトナム(海外の方は同じ経験されると思うけど)で日本の本を購入するなんてまずハノイでは無理なので、ネットで検索できても指をくわえて黙って見てるか、日本に一時帰国した時に購入するか、日本から来る人に頼んで持って来てもらうか、無理言って日本の家族に送ってもらうか(実家の人間はこういった作業を嫌がるのであまり頼めない)。。。など色々と手間と工夫が必要です。ただアマゾンもお届けはしてくれるけど、送料無料はないな。。。と思うとなかなか手が出ないけど、こんな表示を見ただけで世の中の、そして物流の進歩を感じた日でありました。

f:id:wasami:20170516104728j:plain

多少不便さを感じるベトナム、それでもここ数年で大分過ごし易くなったと思う。(いや本当だよ。)逆に日本に帰るとたくさんありすぎてちょっと混乱するけどもね。。

まあ、私としては不便さの中に発見を見いだすのが好きだし趣味でもあるので、この環境は環境でこれからも楽しんでいきたいと思ってます。

ベトナム雑感

そういえば先日久しぶりに湖沿いを通ったら、射撃訓練をしていました。

銃声は聞こえてこなかったし、周りには普通に住民がウロウロしていたのでまあ本物の銃を使っての訓練ではないのかもしれません。

f:id:wasami:20170510091147j:plain

とはいえ、この広場は夕方になると犬を連れて散歩している人や、カップル、家族で凧揚げをしに来る人たちも多く、非常にのどかな場所。ベトナムは街のいたるところには軍事施設もあるし、大学では入学すると男女共に軍事訓練もするし、銃を抱えた兵隊さんなんかも普通にすれ違ったりするので見慣れてはいるのですが、こんな風に射撃訓練も日常の一ページになるのね!とさすがに足を止めてしまいました。

f:id:wasami:20170510091200j:plain

遠くにいるベトナム人訓練生?射撃の精鋭達なのでしょうか。あそこから狙うんだな。。。(iPhoneだとズームでこれが限界です)

f:id:wasami:20170510091233j:plain

的はこんな感じ。いかにも悪そうな人物が描かれていて分かり易いですね。(しかもベトナムプロパガンダアートっぽさが滲み出ている)

敵を見たら打て!って感じです。

ちょっと気になって調べて見たら「世界の最強軍事ランキング2016年版」TOP40カ国にベトナムは21位でランクインしていました。ちなみに日本が9位、アメリカが1位でした。

この的を見ただけでは最強っぽさは感じませんが、何かあれば飛び出して来るのかな、なんて思ってしまいました。不謹慎だけど。。。

私たちが日常よく使う「平和」という言葉。

へい-わ[平和]
1 やすらかにやわらぐこと。おだやかで変りのないこと。「―な心」「―な家庭」
2 戦争がなくて世が安穏であること。「世界の―」

                   『広辞苑第六版』(岩波書店

ただその平和と感じている状態の裏側には、こうやって日々訓練して備えている人たちもいるっていう現実もしっかりと受け止めないといけないよね、きっと。(軍事力が良い悪いは別として)

人も心も一緒、いつも穏やかな心でいるのってどうかな?いつも安らいだ心の状態はどんな時?もちろん人それぞれだと思うけど、心の状態も乱れるからこそこの「平和」って言葉があるんだな思います。

なんてベトナムの一コマから無理やり引っ張ってしまいましたよ。笑

時間が流れてたどり着くところ

今年ハノイにオープンしたばかりのヨガスタジオ「Zenith Yoga Kim Ma(ゼニスヨガキムマー)」。実はこの建物は以前働いていた職場があった場所。(今でも薄っすら現在進行形です。)何の因果か再び同じ建物で5月からヨガクラスが始まり何だか変な気分。しかも数日前、フェイスブックをチラッと開くと”4年前の今日”という投稿が出て来てその内容にこれまたびっくり。4年前の5月某日、その日は私が初めてインドへ行った後、ハノイに戻って仕事を再開した事がアップされているではありませんか。しかも同じ日にスタジオでクラスが始まってるー。これはさすがに驚いた。(FBにしろブログにしろ、こういった思い出機能??ってすごいですね。)

f:id:wasami:20170503175244j:plain

更に言うなら私が初めてヨガを教え始めた場所でもあるんですよ、ここの建物。

仕事が終わった後に事務所の上の空きスペースを利用して、知り合いを誘ってプライベートレッスンを始めた所。当時ビルのお掃除をしていたおばさんがスタジオのお掃除も担当していて、イヤー久しぶり〜なんて昔話に花が咲く。

f:id:wasami:20170503174800j:plain

f:id:wasami:20170503175157j:plain

4年前の今日、今現在の自分を全く想像することはなかった。なんかこう面白いよね人生は。そして何と言うか、最近は自分自身を俯瞰するようになって来て、この人(私)どうなるんだろうって自分自身を遠くから見るようになって来ました。

4年後の今日、このブログで何か綴っているのかはまだ分からないけど、きっと私の人生には面白い何かが綴られるんじゃないかなと思います。

時間が流れ流れてこの先どんな所にたどり着くのか。。。私自身が一番楽しみにしています。

うちこさん

実は、実はですね、ゴールデンウィークを利用して、日本でヨガをされているうちこさんがハノイへ遊びに来てくれました。うちこさんと言えばコレコレ!

ヨガされてる方がサーチしたら大体引っかかるこのブログ。このブログは私がヨガを始めた頃から読んでいるブログなんですよー。ヨガってなんだろ??って興味を持ち始めた頃にたまたま見つけて読んでいたブログです。仕事中にコソコソ読んでたな、懐かしい。。。

f:id:wasami:20170502094612j:plain

わーい!!ロンビエン橋ではしゃぐ二人。

私はこういったヨガポーズを写真に撮って決めることがないので、うちこさんに全てを身を任せてこんな感じに。以前ベトナム旅行をされてはいたようですが、旅のメインは中部から南部がだったようで、今回はしっかりとハノイを中心に行動されていました。

ホーチミンよりハノイがいいねって言ってくれてちょっと嬉しい。

f:id:wasami:20170502101410j:plain

一緒にロンビエン駅に行ったり。。。

f:id:wasami:20170502115908j:plain

文廟へ行ったり。。。

f:id:wasami:20170508111200j:plain

ヨガクラスに参加してくれたり。。。(左奥でございます)

f:id:wasami:20170506113530j:plain

こんなヨガポーズ撮ったり。。。

その他にもカフェでお茶したりカレー食べたり。久しぶりに充実したハノイライフを送ることができました。

うちこさん、ハノイに遊びに来てくれて本当にありがとう。今度は日本?また会いましょう!!