Under The Same Sky

ハノイの空の下から綴る、ゆるベジ&ヨガライフ。アシュタンガヨガを宅練中です。

リリー

今日、リトリートで仲良くなったタイ人のリリーがバンコクへ帰国した。

彼女は中華系タイ人で、傍目から見たらタイ人には見られない。

私といると日本人に間違われるくらい、色も白い。

彼女はまだ24歳、体も柔らかくて、セカンドシリーズを練習している。

なぜ今日帰国するかというと、もうすぐ迎える旧正月のため。

父親からリトリートの参加の許可はもらったけど、家族で旧正月を迎えるために、旧正月前に帰って来るよう言われたらしい。

どうやらファミリーでビジネスをしているらしく(ホテル業と言っていた)、彼女はそこで会計の仕事をしているので、旧正月前に従業員に給与の支払いをしなければいけないらしい。

性格的にもすごくしっかりしていて、一緒に買い物に出かけても、「これはバンコクでは着ないわって」めったに財布の紐を緩めない。

(とはいえ、彼女はバリやらサムイ島でのワークショップにも参加した事があるらしく、まあお金持ちタイ人の部類だよな、と思う。)

反対に、親子で参加している香港人の親子(母と娘)もいるのだけど、彼らは旧正月は関係ないわ〜って、2人でゴアを楽しんでいる。

娘さんは27歳で、香港でヨガのインストラクターをしていて、お母さんは専業主婦。

昨年4月に行われたキノとティムのリトリートにも2人で参加していたらしい。

すごい親子だな。。。

マーケットなんかに行ったりすると、これ欲しいわ〜、って母親にウインクする。

でも本当に2人で楽しそう。

私が両親にヨガを進めても、無理、無理だね。。。

あ〜、それにしてもリリー帰るのはやっぱり寂しい。今回偶然だったけど、一緒にリトリートに参加できてよかった。彼女は若いけど、アシュタンガでは私の先輩。

今度バンコクへ行く機会があったら連絡するよ〜!