Under The Same Sky

ハノイ生活とアシュタンガヨガ

薄空の下に桃の花

お寒うございます。

ベトナムはテト(旧正月)を間近に控え、街中はテト飾りを買う人々で賑わうようになりました。でも以前と比べるとあまり混んでない印象。なんか殺気立ってないっていうか。私はといえば、今月ちょっと気が重くなるような案件があってバタバタしています。で、気を紛らわそうと日が落ちる前に花市場へ。この場所は歩いても10分程度のところにあるけど、大通りを通る必要があるので徒歩で行くことってあまりなかった。

f:id:wasami:20220120200400j:image

この辺りはテト前なのでたくさんの桃の花が路上に並んでいます。近所の割にはゆっくり歩いて桃の花を見てなかったので冷やかしに行ってきました。

f:id:wasami:20220120200431j:image

購入した枝葉バイクに括り付けて持ち帰ります。大きい枝を鉢ごと車に乗せてる姿もよく見かけます。これも師走の風物詩。

f:id:wasami:20220120200513j:image

小ぶりの枝から大きな枝まで色んな形がありますね。

f:id:wasami:20220120200536j:image

値札がないから交渉も大事。

f:id:wasami:20220120200651j:image

この先にもまだ花売りが並んでます。売る方も必死。

f:id:wasami:20220120200707j:image

今日買うつもりはなかったけど、可愛らしい枝を見つけて買ってしまいました。15万ドンを13万ドン(約656円)にまけてもらいました。この季節はグレーな空が続いて青空が少ないので花があると部屋もパッと明るくなっていいです。。

f:id:wasami:20220120200722j:image

同じ寒さでもピーカンの青空ならいいんだけど。知り合いが送ってくれた東京の写真が眩しかった。。暗くて寒いとどうしても気持ちが内へ内へと篭ってしまう。ただこの時期もテトを過ぎるとまた変わってくるのかな。冬が終われば春しか来ないもんね。

その時までの準備だと思ってこの時期を過ごさねば。