Under The Same Sky

ベトナム、ハノイという街でアシュタンガヨーガを練習している人のブログ

コト島の続き

9月初旬にコト島と呼ばれる離島へ行きました。

 

underthesamesky.hatenablog.com

コト島二日目。この日はすでに最終日、夕方にはハノイに戻りたかったのでお昼の船で島を出ようと決めていました。

実は前日に民宿の人から「翌日釣りに行こう!」と誘われて、勢いでついオッケーを出してしまった私。一応、ハノイに戻る時間(船に乗る時間)を伝えて二日目に釣りに行ってきました。ベトナム人の近い(場所を聞いた時)は全然近くないし、大丈夫は大丈夫じゃない時があるからね。。

f:id:wasami:20200930160956j:image

朝7時出発。
f:id:wasami:20200930161003j:image

この先まで歩いて船に乗ります。
f:id:wasami:20200930161007j:image

朝の海、夕方同様に静かで穏やか。
f:id:wasami:20200930161000j:image

どんな人たちと行くんだろうと思ったら、民宿の家族や知人たち+私、といった感じでした。ちなみに民宿の奥さんの妹さんは日本へ留学経験があって、日本でヨガにハマって今でもYou Tubeで朝晩練習しているとか。。会ってみたかったです。
f:id:wasami:20200930160951j:image

船を運転する人。皆んなガスとか食糧をどっさり船に積んでいます。
f:id:wasami:20200930161011j:image

スマホで申し訳ないんだけど、透明度高いです。

あのですね、遠くを見渡すとプカプカゴミが浮いてるのが分かるくらい綺麗な海です。写真では撮れなかったけど、インスタント麺の袋やペットボトル、フルーツの皮など、とにかくゴミが浮いてるのがよ〜く見える。

一瞬、魚を取る網でも張ってるのかな?って思って見たら脂がプカ〜って浮いてる、とかね。。。一体どこからやってくるゴミなんでしょうねえ。。
f:id:wasami:20200930161059j:image

ゴミについては民宿の人と話したんだけど、島民たちも困っているようでした。島の青年団で定期的にゴミ拾いをするらしいけど、島以外の所から海岸へ流れ着くゴミが多すぎて拾いきれないようです。海岸だけではなくて、道路にポイ捨てする人も多いみたい、というかゴミは目立つよね。。特にベトナム人観光客は旅行する時に旅行先へ食糧持って行く人が多いから、その分ゴミも大量に出ると思う。

ここ数年で海も大分汚れてきたようで、中部の観光地ホイアンへ行った際に宿の人が観光客がゴミをポイ捨てする話を思い出しました。ホイアンに流れる川も10年前は泳げたらしいけど、今はヘドロが凄くて泳げなくなったとか。

自分自身大したことはしていないし、言えないけど本当にゴミ問題はなんとかならないかなあって思います。
f:id:wasami:20200930161409j:image

あ、足元にジュースと鳥が。。
f:id:wasami:20200930161344j:image

食糧(ガスも!)と共に女性と子供たちは無人島に降り立ちました。どうやらここでお昼を食べるらしい。
f:id:wasami:20200930161340j:image

船に残った人たちで海釣りを始めます。

ちなみに私は釣りは今回が初めてです!!
f:id:wasami:20200930161354j:image

涼しそうに見えるけど、実はとても暑い。。
f:id:wasami:20200930161417j:image

魚がいる!と言って船を魚の群れが潜む場所へ近づけます。
f:id:wasami:20200930161333j:image

海はそんなに深くなくて、下の方がしっかり見えます。
f:id:wasami:20200930161307j:image

魚がいるらしいんだけど、私にはサッパリ。。笑
f:id:wasami:20200930161311j:image

女の子は餌を針につける係。男衆は釣りの準備!一気に戦闘体制に入ります。
f:id:wasami:20200930161321j:image

釣れた!意外に小さい!
f:id:wasami:20200930161316j:image

ちなみに餌は海老の擂り身。皆さんぽんぽんと軽快に釣っていきます。

一応、私も釣りましたよ!
f:id:wasami:20200930161423j:image

少しずつ場所を移動しながら釣りを続けます。
f:id:wasami:20200930161402j:image

皆んな釣り大好きですね。
f:id:wasami:20200930161420j:image

で、無人島へ戻ってきました。
f:id:wasami:20200930161300j:image

綺麗なんだけど海岸には打ち上げられたペットボトルが。。

無人島だから頻繁にゴミ拾いも出来なさそうです。
f:id:wasami:20200930161359j:image

今回はコロナで少ないけど、普段なら観光客でこの無人島も賑わっていたのかも。。。

でも家族や知人だけで楽しめるなんてなんて贅沢。
f:id:wasami:20200930161326j:image

子供たちはすでに海で泳いで遊び疲れていました。上の魚は先ほど海で釣ったものです。ちなみに船で持ってきた鳥さんもしっかりと調理されていました。
f:id:wasami:20200930161405j:image

裸足だと足が焼けそうなくらい砂が暑い。でも冬はやっぱり寒いみたい。冬のハロン湾は曇りがちで寒いもんね。。この辺りは北部の気候ゆえ致し方ない。

海水浴ができるのは夏のシーズンだけですね。
f:id:wasami:20200930161329j:image

男性陣はお酒も入ってもう少し島でのんびりしたいようでしたが、私の船の時間があるので戻ることに。あと一本遅い船もあるけどハノイに戻る時間が遅くなるので彼らの「もう少し。。」の言葉に気持ちを抑えます。ただ、遊び疲れた子供たちは早く帰りたそうで、島に残りたい男性陣をよそに早々と帰り支度が始まりました。
f:id:wasami:20200930161304j:image

ちなみに民宿の人たちは、そのうちまたここに戻ってくるからって感じで、食器とか色々そのままにして帰って行きました。(一応水場にまとめていたけど)

少し気になったのが、この島にあったゴミ箱のゴミは一体誰が処分するんだろう、ってことですかね。。無人島だし。
f:id:wasami:20200930161347j:image

船着場近く、船上生活者の船が。女性が髪の毛を洗っているのが見えました。

ただ、これから民宿に戻って部屋片付けてフェリーに乗るの間に合うだろうか。。。時間がギリギリすぎて焦る気持ちで一杯でした。。。
f:id:wasami:20200930161412j:image

皆さんには挨拶もそこそこに、宿に戻って高速で片付けして、民宿のオーナーにバイクでフェリー乗り場まで載せていってもらいました。もう、ギリギリセーフ。

ハノイにも無事に戻ってこれました。

本当はもう少しゆっくり出来たらよかったんだけど。。なかなか素敵な時間を過ごすことができました。またいつか行ければいいな。

そして最後に、ゴミのポイ捨てはやめましょうね!