Under The Same Sky

ベトナム、ハノイという街でアシュタンガヨーガを練習している人のブログ

ベトナムの近代美術

先日、楽しみにしていた日本経済新聞(2018年7月の日曜版)がやっと届きました。

今年の7月に3回に渡って掲載された「NIKKEI The STYLE」では、近代ベトナム美術について特集が組まれたのです。実はそのお手伝いをさせて頂いたのですが、見た人いるかなあ。。。

f:id:wasami:20180923142604j:plain

6月に取材のため1週間ほど滞在したいと、突然担当の方から連絡があったのが5月。ろ、ロク月。。。私はすでに5月末にはインドへ出発することが決まっていたので一瞬悩みましたが、とりあえずスケジュール組んだり作家さんや美術館などにはアポ取りくらいはできるかなって。本当は取材も一緒に同行したかったんですが、残念ながらその時は渡印中の身、知り合いのベトナム人通訳さん二人にお願いして担当の方に同行してもらいました。

f:id:wasami:20180923142800j:plain

渡印中、マイソールで修行しながらも内心取材が上手く進むか気になりましたが、(ほら、ベトナムだからという訳ではないけど、何かない訳ないのです。抜かりなくスケジュールを組んだつもりが、前日になってある作家さんが予定を変更したいって言ってきたし。。。私インドなんだけど。)まあ、それでもなんとか無事に終わったと連絡をもらった時はホッとしました。

同行してくれた通訳の子も、ベトナムの美術について触れる機会ができた上に取材も楽しかったみたいでよかった。

担当のKさんもお疲れ様でした。

私は久しぶりに日本の新聞の匂いを感じられて嬉しい。ほら、貴重だし。

少し前の新聞記事なのでなんですが、もしも手元に残ってたら読んでみてくださいね。