Under The Same Sky

ハノイの空の下から綴る、ゆるベジ&ヨガライフ。アシュタンガヨガを宅練中です。

立春が過ぎて

早いもので2月も1週目が過ぎ、マイソールでの練習も2ヶ月目に入りました。

1月から始まった練習を一言で表現するのは中々形容し難いのですが、とにかく今ここで練習できるのが本当に嬉しく、とにかくそれに尽きるかな。それに私にとって、先生や多くの練習生と1ヶ月以上一緒に練習するのは実は今回が初めて!!ハノイでは一人で練習しているし、日本へ一時帰国しても練習に行けるのは2週間がやっとだったりするので、今回のマイソールでの練習はとても貴重な時間だと痛感しています。

f:id:wasami:20170202043924j:plain

練習生が大勢いるとはいえ、シャラでの練習中は他人の練習が目に入ることは少ないけど(練習中キョロキョロとすることはないって感じだな)一人で練習する時には感じることのない緊張感と、他の練習生の呼吸音やエネルギーを体感しながら練習できるのは何とも得難いこと。それにシャラート師の存在感も非常に大きい。

f:id:wasami:20170202070017j:plain

アシュタンガヨガはシークエンスが決まっていて、毎日同じポーズを練習する。決められたポーズ、シークエンスを練習する中で感じる体や心の変化を観察しながら、自分なりに練習を続けて来た。その練習を今この地で学べて、深めて行けるのは本当に嬉しいこと。

f:id:wasami:20170115073839j:plain

立春を過ぎたマイソール。これからだんだんと暑くなっていくようですが、残りの時間もここでの練習にエネルギーを注いでいこうと思います。

もちろん、楽しみながらね。