読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Under The Same Sky

ハノイの空の下から綴る、ゆるベジ&ヨガライフ。アシュタンガヨガを宅練中です。

願い

私のブログやインスタグラム等でお知らせした通り、ホーチミンでアシュタンガヨガのワークショップが開催されます。

underthesamesky.hatenablog.com

実は彼らが今回ベトナムでワークショップを開催するにあたり、ハノイでもクラスができないかという相談を受けてます。今年の4月にヘイザーはホーチミンでマイソールクラスを行っていて今回ベトナムへ訪れるのは2回目。私もその際足を運んで練習に参加しました。ハノイではアシュタンガを練習しているコミュニティーって聞いたことがなくて、ホーチミンでどんな人たちが練習しているのか私自身興味があったからです。(もしかしたら私が知らないだけで、ハノイにもあるのかもしれないけどね。)

underthesamesky.hatenablog.com」

ホーチミンベトナム人のアシュタンガヨガのコミュニティがすでにあって、彼らが自分たちの練習のためにベトナム国外から先生を呼んで練習をしていました。(うーん、なんでも新しいものは南のホーチミンから入って来る、というジンクスはヨガも当てはまりそうです。)ただしハノイは少しばかり勝手が違います。私もスタジオでビギナークラスを教えていますが、皆さんそのクラスの時間帯に受けに来る方が多いので、実際好んでアシュタンガのクラスに来ている方はそんなに多くないと思います。

それに「アシュタンガヨガって何ぞや」って思っている人の方がきっと多い。(そういえば日本にいる知人がヨガを始めたよ!って言うから話を聞いてみると皆揃って「ホットヨガ」って言うんだよね。私なんかホットヨガやったことないし!)

私自身振り返ると、ヨガを始めた頃はヨガに流派があるなんて知らなかったし考えたこともなかった。でもそれって自然なこと。初めから流派にこだわる必要はないと思う。言葉で追っていっても本当に理解するのって結構難しいと思うんだよね。(この流派について私自身「なるほど!」って腑に落ちたのはヨガを始めて2、3年程経った頃です。私は鈍いのかな??)

f:id:wasami:20161211171032j:plain

そして先生がワークショップをやりたい!とオファーをしても、すんなりできるわけではありません。ホーチミンではアシュタンガのコミュニティーが既に存在していて、先生を必要としている人たちがいます。ただし、ハノイは未知数。スタジオとしても参加者が揃わなければ、交通費と滞在費をかけて先生を呼べますか?ということになります。

さらにぶっちゃけ私が教えているスタジオのオーナーはアシュタンガヨガを好んでいません、はい。正直私もそんな環境下で「よくやっとるね、わし」と自分自身を励ましながら日々スタジオへ通っているわけですよ。でも私の性格上、あまりそういうことは気にしません。ま、たまに傷つくこともあるけどね。。。

f:id:wasami:20161211171202j:plain

とまあこんな状況なのですが、ヘイザーとアンをハノイへ呼んでみよう!と今試みてます。なぜなら、少数だけどアシュタンガヨガに興味を持ってくれる人がいると感じるから。私自身「クラスで伝えること」や「教えること」には限りがあるって思います。そんな中でこういったオファーがあったこと、私的にはいい機会だと思うんです。

上手く彼らを呼んであげることができるといいけど。。。

とにかく私ができる範囲でだけど、頑張ってみます!