Under The Same Sky

ハノイの空の下から綴る、ゆるベジ&ヨガライフ。アシュタンガヨガを宅練中です。

ナゼ

ジブンでもなぜアシュタンガの練習を続けているのだろうと思います。

そもそもベトナムにはマイソールスタイルで教えている先生もいないし、練習もいつも一人で宅練です。(日本でアシュタンガのWSを受けた時、ある先生からベトナムベトナムでアシュタンガ何て聞いたことがない=”認められた先生が教えていない”と言われたことがありました。)

昨年末と今年の初めにドミニクのトレーニングでインドのリシケシに行った時、改めてアシュタンガの練習がしたいと思った。ドミニクはビンヤサスタイルの先生で、学ぶところは当然たくさんあるし、人間的にも本当に魅力的な人。でも彼女のトレーニング中、アシュタンガのことが浮かんでしまってしょうがなかった。。。苦笑

f:id:wasami:20151008202015j:image

でも宅練と聞いて、本当に毎日同じ時間に起きて同じシークエンスの練習してるの???って思ったら大間違い。そんなに簡単ではないのです。意識して練習しよう!と思ったのも昨年くらいからだし。

人間って不思議なもので、やりたくない(練習したくない)理由を考えるんだよね。。。それに、先生がいる所で練習をしたほうが、安定していないポーズをアジャストしてもらったり他の生徒さん達と一緒に練習することでモチベーションが上がったりして、ジブンもクラスに通えたらどんなにいいかと思う。

(先生の元で真面目に練習をしていたら、シークエンスの上達も数倍速いと思う、いくらヨガはポーズだけを重要視しないと言っても。)

それに一人で練習をしていると、これでいいのか悩むことも多い。

そんな中でも「ちゃんと練習してる」とか「頑張ってるみたいだから」と言って練習を見てくれる先生たちや、長く練習を積んでいる人たちにも出会えて、とても励みになっている。

まだまだよちよち歩きだけど、頑張ってアシュタンガの実践をしていこうと思う。そう、マイペースでね。